葬儀・葬式関連

新型コロナウイルス感染症で亡くなったら場合、ご遺体に会うことはできる?

新型コロナウイルス(COVID-19)が猛威を振るっていますが、もし新型コロナウイルス感染症で亡くなった場合、ご遺体はどうなってしまうんでしょうか?

遺族は会えないんでしょうか?

芸能人の志村けんさんや、岡江久美子さんがコロナウイルスによって亡くなられたのは記憶に新しいと思います。

二人とも亡くなってからは、親族も会うことは叶わず、お骨になってからの再開と報道されていましたよね。

親族にしてみればとても悲しいお話しです。

実際のところどうなんでしょうか?

今回は、コロナウイルスによって亡くなった場合の真実をお伝えしたいと思います。

新型コロナウイルス(COVID-19)で亡くなった場合、親族はご遺体に会えるのか?

面会

結論から言うと火葬する前に会えます

まず厚生労働省によると

新型コロナウイルスにより亡くなられた方及びその疑いがある方の遺体は、24時間以内に火葬することができる。

                     厚生労働省HP一部抜粋

とありますので、24時間以内に火葬しなければならないという事ではありません

続いて、火葬に関して厚生労働省は

・遺体からの感染を防ぐため、遺体について全体を覆う非透過性納体袋に収容・密封することが望ましい

・遺体が非透過性納体袋に収容、密封されている限りにおいては、特別の感染防止策は不要

・遺族等が遺体に直接触れることを希望する場合には、遺族等に手袋等の着用をお願いしてください。

厚生労働省HP一部抜粋

としています。

という事は、会っても法律的になんの問題もないんです。

ではなぜ、志村けんさんや岡江久美子さんは面会できなかったのか。

まず考えられるのが火葬場のルールです。

火葬場によって感染症によるご遺体の扱い方のルールが違います。

そもそも感染防止のため立ち合い禁止の火葬場もあるのが現状です。

次に考えられるのが、病院側の意向です。

病院側も感染拡大を防ぐために、少しでも早く病院から出ていってほしいという事があり、面会する間も無く火葬されてしまったのです。

いずれにせよ、コロナウイルスに関していえば過剰な対応といえます。

厚生労働省は非透過性納体袋を使えば大丈夫と言っているのですから。

非透過性納体袋(ひとうかせいのうたいぶくろ)とは?
・遺体の体液を漏らさない納体袋

・中が見えないという意味ではない

・遺体を入れた後、表面を消毒すれば通常の遺体と同じ扱いができる。

火葬場ルールの例

では実際に私の住んでいる県の、とある火葬場のコロナウイルスで亡くなった場合の対応を見ていきましょう。

①火葬日時は火葬場が決める

②ご遺体は必ず納体袋に入れること

③立ち合いは代表者1名のみ

⑤マスク・手袋着用すること

⑥収骨も代表者1名のみ

⑦休憩室・控室は利用できない

立ち合えるのは、たった一人のようです。

県下最大の病院の説明会に行って来ました

県で1番大きい病院が、コロナウイルスで亡くなった場合の対応についての説明会があったので、そこでの内容をお伝えします。

・ちゃんとした、感染防止対策をすればそんなコワいものではない、過剰反応し過ぎである。

・お見舞いも看護師の指示に従ってすることは可能である。(マスク・フェイスシールド・手袋・長袖ガウン着用)

・防護服はいらない

・ご遺体に素手で触れなければ問題ない

・顔の部分が透明な非透過性納体袋を注文している

・湯灌はできない

・濃厚接触者でも工夫をすれば故人に会える

マスク・フェイスシールド・手袋・長袖ガウン着用し、手洗いをしっかりすれば問題ないという内容でした。

おわりに

「亡くなってからご遺体に会えない」というのは、私たち葬儀者にとってもとても心苦しいことです。

しかし、今回お伝えした内容で会えないことはないということが分かったと思います。

もしコロナウイルスによって大切な人が亡くなった時は、葬儀屋さんに相談してみましょう。

きっと力になってくれるはずです。

少なくとも私は、ご家族が後悔のないように故人とお別れができるよう全力を尽くします。

Story~お別れ会・偲ぶ会~

家族葬

スポンサーリンク

-葬儀・葬式関連
-, ,

© 2020 送り人と億り人 Powered by AFFINGER5