仮想通貨ウォレット

FuzeW(カード型ハードウェアウォレット)

更新日:

FuzeW(フューズダブリュー)とは?

FuzeW(フューズダブリュー)とは仮想通貨を安全に保管することができるカード型のハードウェアウォレットです。

仮想通貨の流出・盗難のニュースを耳にしますが、他人事だと思っていませんか?取引所にそのまま預けていませんか?

危険です。

仮想通貨を一番安全に保管できるのがハードウェアウォレットになります。

自分の資産は自分自身で守りましょう。

FuzeWのセキュリティ

CC EAL5+(金融セキュリティ評価最高ランク)を獲得したSEICチップに仮想通貨を安全に保管します。

CC EALとは?
CC:セキュリティ評価基準
EAL:評価保証レベル

EALは1~7まであり、一般的な民需用途ではEAL2からEAL4の保証レベル
EAL5以上は軍用や特殊用途向けと言われています。

要するに、FuzeWのハードウェアウォレットのCC EAL5+というのは、軍用レベルのセキュリティだということです。

スマホで簡単に取引

専用アプリを使って、いつでもどこでも取引が可能です。

対応OS

IOS:9.0以降

android:5.0以降

対応通貨

 

・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

・ERC20トークン

※今後、クアンタム(QTUM), リップル(Ripple) にも追加対応予定

耐久性

IP68グレードの防水・防塵に対応、-10℃から50℃まで耐えられます。

15度まで曲がっても壊れることはありません。

IP68グレードとは?
IPコードという防塵・防水のレベルを表しています。
IP68の6の部分が防塵レベル、8の部分が防水レベルです。
・防塵レベル0~6段階
・防水レベル0~8段階

IP68というのは最高クラスの防塵・防水性能だということが分かります。

サイズ

寸法

 85.5(L) x x 54 (W) x x 0.84 (T)mm

※クレジットカードサイズ

値段

いくら素晴らしい物でも、お値段が高いと資産を守るためとはいえ、手を出しづらいですよね、、、

現在、クリスマスセールで12月25日まで20%OFFで販売しているようです。

買うなら今がチャンスですね!

1枚

16,900円 ➡ 13,520円

2枚セット

33,800円 ➡ 27,040円

【FuzeW(フューズダブリュー)】

まとめ

私的には、ちょっと対応通貨が少ない気がします。

しかし、今後リップルなども追加予定とのことですので、この先どんどん増えていくでしょう。

それよりもメリットの方がはるかに多いと思います。

・カード型でクレジットカードサイズなので財布などにも入り持ち運びしやすい

・セキュリティは軍用レベル

・スマホで取引が可能

・防塵、防水性能が最高レベル

・持ち運び可能なモバイルバッテリーが付属している

・保証期間が6か月

お値段は決して安くはないですが、財産を失うリスクを考えれば高くはないのかもしれませんね!

【FuzeW(フューズダブリュー)公式サイト】

アドセンス広告

アドセンス広告

ブロックチェーン

ブロックチェーン大学FLOC

Ledger Nano S

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

仮想通貨ウォレットアプリGinco

-仮想通貨ウォレット
-

Copyright© 送り人が億り人を目指す仮想通貨ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.