葬儀・葬式関連

お通夜/葬儀/法事における喪主の挨拶を例文付きで徹底解説!

葬儀や法事などの際、「喪主」は様々な場面で挨拶をすることになります。

喪主というのは配偶者や長男がやるのが一般的ですが、特に決まりがあるわけではありません。

年々その傾向は高まり、男も女も関係なくなってきています。

つまり、あなたがいつ「喪主」となってもおかしくないわけです。

そんな時に困るのが挨拶文ですが、伝えるべき内容はある程度決まっているため、挨拶文を考えることはそこまで難しい事ではありません。

そこで今回は、挨拶をするタイミングと伝えるべき内容を徹底解説します!

その故人にとっては一生に一度しかないの葬儀や法要。

悔いの残らないようにしましょう。

お通夜での挨拶

お通夜挨拶

お通夜での挨拶のタイミング
・通夜振る舞い開式の挨拶

・通夜振る舞い閉式の挨拶

お通夜にて僧侶による読経が終わり、参列者の焼香が一通り済んだら、通夜振る舞いの席へと移ります。

お通夜での挨拶のタイミングは、主に通夜振る舞いの最初と最後になります。

それぞれ例文を見ていきましょう。

通夜振る舞い開式の挨拶例文

本日はお忙しい中、〇〇のためにお集まりいただきまして、ありがとうございます。

おかげさまで滞りなく通夜を終えることができました。

ささやかではございますが、お食事を用意しております。

お時間の許す限りお召し上がりいただきながら、故人の思い出話などお聞かせいただければ幸いです。

それでは、本日は誠にありがとうございました。

※地域よっては通夜振る舞いがお通夜の前の所もあります。

通夜振る舞い閉式の挨拶例文

本日はご多用のなか、お越しいただき誠にありがとうございました。

まだ、ごゆっくりして頂きたいところですが、お時間となりましたのでこの辺りでお開きにさせて頂きたいと思います。

本日は誠にありがとうございました。

告別式/葬儀での挨拶

葬儀

告別式/葬儀での挨拶のタイミング
・告別式後の出棺時

・初七日(精進落とし)の始めと終わり

告別式が終わると、喪主が挨拶をします。

挨拶のタイミングは、一般的には火葬場へ向けて出棺する前です。(地域によっては火葬してから告別式)

ここでは、葬儀に参列してもらったことに対するお礼と、生前お世話になったことに対するお礼が基本になります。

さらに、故人の生前の様子や死因の簡単な説明、今後の決意表明などを加えると良いでしょう。

また、告別式終了後や初七日法要後に料理を振る舞います。

これを「精進落とし」といい、開始と終了の際に喪主より挨拶を行うのが一般的です。

始めの挨拶では、葬儀を無事に終えられたことに対する感謝や、ゆっくりと過ごしてもらいたいことなどを伝えます。

終わりの挨拶では、お開きの挨拶と今後も変わらずお付き合いくださいということを含めます。

では、例文を見てみます。

告別式後の出棺時の挨拶例文

本日はお忙しい中、父○○の葬儀に足をお運びくださいまして、誠にありがとございます。

皆様から心のこもったお別れの挨拶を賜り、故人もさぞかし皆さまに感謝していることと存じます。

父は昨年の冬に病に倒れ、それ以来入退院を繰り返していましたが、○月○日の午後に家族の見守るなか静かに旅立ちました。

享年○○歳でございました。

父は非常にまじめで仕事一筋な人間で、毎日のように朝早くから夜遅くまで仕事をしていました。

それでも休日となれば私たちを遊びに連れていってくれたのを、今でもよく覚えています。

父が晩年を豊かに過ごすことが出来ましたのも、ひとえに皆様方のご厚情のたまものと深く感謝いたしております。

これからは私たち一同、力を合わせて頑張っていく所存ですので、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

初七日(精進落とし)での挨拶例文

・始めの挨拶

本日は最後まで亡き父の葬儀、告別式にご参列くださいまして誠にありがとうございます。

おかげさまで、滞りなく葬儀を終えることができました。

ささやかではございますが、精進落としの膳を用意しましたので、お時間の許す限り父の思い出話でもしながら召し上がっていただければと存じます。

本日はありがとうございました。

・終わりの挨拶

本日はお忙しい中、お時間頂戴しましてありがとうございました。

まだごゆっくりして頂きたいところですが、お時間となりましたのでこの辺りでお開きにさせて頂きたいと思います。

遺された家族一同助けあっていきたいと思いますので、どうかこれからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

本日は最後まで誠にありがとうございました。

喪主が挨拶する時のポイント

挨拶のポイント

①雨の日などは「あいにくの雨の中」「お足元の悪い中」

冬場なら「大変お寒い中」など、天候の悪い中を来てくれた方に感謝する言葉を添える

 

②組に方などの、お手伝いいただいた方が出席される場合は、感謝の気持ちを述べる

 

③みなさん疲れているので長い挨拶はしないこと(1~2分がベスト)

文字数にするとおよそ300~600文字になります。

 

④途中で涙が出てしまい言葉につまった時は、少し休んで気持ちを静めてから続けましょう。

それでも言えそうにない時には、結びの言葉で挨拶を締めくくってもかまいません。

 

⑤大切なのは「感謝の気持ちを」伝えること

挨拶の文例をそのまま暗記するよりも、自分の言葉の方が感謝の気持ちが伝わるでしょう。

 

⑥紙(メモ)を見て読んでも良い

頭が真っ白になってしまい、伝えるべきことを伝えられないよりは、メモを見ながらしっかり伝えることの方が大事です。

 

挨拶で使わない方がいい言葉

・重ね言葉 「重ね重ね」「たびたび」「ますます」「しばしば」など

不幸が重なることを連想させるため、葬儀の挨拶では避けるようにしましょう。

 

・「四」「九」「浮かばれない」「迷う」「消える」「死亡」「死ぬ」「急死」「生存」「生きる」など

これらの言葉は生死に関する直接的な表現や、不吉なことを連想させる言葉なので避けましょう。

「急死」⇒「突然の事」

「生存中」⇒「生前は」

「死亡」⇒「逝去(せいきょ)」

などと言い換えるようにします。

 

・「再び」「繰り返す」「再三」「さらに」「追って」

不幸が続くことを連想させる言葉なので控えます

 

これらの言葉はほんの一例で、忌み言葉はたくさんありますので、事前にインターネットなどで調べたほうが良いかもしれません。

おわりに

いかかでしたでしょうか?

喪主は様々な場面で挨拶が必要となることが分かったと思います。

それぞれの場面にふさわしい文言で、感謝の言葉をきちんと伝えましょう。

大事なのは「感謝の気持ち」自分の言葉で伝えることです。

文例を参考にしながら、故人を弔ってあげることができるように、しっかりと挨拶文を考えておきましょう。

 

合わせて読んでおきたい記事

お香典

お布施

スポンサーリンク

-葬儀・葬式関連
-, ,

© 2020 送り人と億り人 Powered by AFFINGER5