葬儀・葬式関連

家族葬

年々、「家族葬」は確実に増えてきています。

私の地域では約半分のご遺族に「家族葬でお願いします。」と言われ、中には家族葬をよく理解していない方も見受けられます。

では、「家族葬」とはいったい何なのでしょうか?

「家族葬だけど新聞には載せる。」

これはもう家族葬ではありませんし、「家族葬」とは何なのかを葬儀業界で働く送り人が解説します。送り人って?

スポンサーリンク

家族葬とは

特に「家族葬」の定義は決められてませんが、一般的に家族葬といえば家族・親戚のみで執り行われる葬式のことで、近所の方や仕事関係の人は呼びません。

近親者のみで行うため、日程や時間などがある程度自由がきき、弔問客が来ないことから気を張り詰めることなく、ゆっくりと故人とお別れすることができます。

密葬との違いは?
密葬とは、よく著名人などが執り行う葬儀の方法で、まず近親者のみで行い後日本葬をするのが家族葬との違いです。

有名人や業績を残した方の場合、参列者が多くなり準備に時間がかかるので密葬という形をとるケースが多いです。

なぜ家族葬が増えているのか

どうして年々「家族葬」が増えているのでしょうか?

それは、故人の偲び方と時代の流れだと思います。

この先、家族葬はまだまだ増えるでしょう。

・故人を偲ぶ

家族葬にすることで弔問客が来ないことから、故人とゆっくりお別れをすることができる。

・時代の流れ

現在、日本では人間関係の希薄化が進んでいます。

「貰ったものは返さないといけない」

一般葬にした場合、今後ご不幸があったときに香典を用意しなければなりませんよね?

そういった人間関係を億劫に考える人が増えています。

費用・相場

では、家族葬での一般的な費用や相場を見ていきましょう。

一般葬が平均150~200万円なのに対して、家族葬では平均40~100万円が多いです。※葬儀会社により異なる

なぜ家族葬が安いのか?
・参列者数が少ない為、食事や返礼品も少なくて済む
・身内だけなので食事単価も下げられる
・祭壇・棺・骨壺などもグレードを下げられる

家族葬での2つの注意点

1 家族葬した結果、逆に費用が高くなる場合がある

先ほどの一般葬と家族葬の費用と相場を見て頂ければわかるのですが。

明らかに家族葬のほうが安く済みそうですよね?

ではなぜ、一般葬よりも家族葬が高くなるのか。

以前こちらでも軽く触れましたが

送り人

家族葬では香典がほとんどないからなんです。

なので、家族葬では祭壇・食事などその他諸々、良い物にすればするほど実費になります。

なので今一度、本当に家族葬で良いのかよく考えてから決めましょう!

2 親戚とのトラブル

「遠い親戚には葬式が終わって、落ち着いてから知らせよう」などと考えていると、思わぬトラブルに発展する場合があります。

「どうして知らせてくれなかったの!」「顔見たかったのに!」など、親戚関係に亀裂が入るケースも家族葬が増えるにつれて多くなってますので、事前に家族葬でする旨をちゃんと伝えましょう。

参列

訃報が届いた時に、参列しても良いか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

「家族葬」の場合、基本的にはお願いされていない時はNGです。

なので、知人・近所・会社の方に「家族葬でやります」といわれた場合は、参列しないようにしましょう。

私の体験談になりますが、祖父が亡くなった時に家族葬にもかかわらず何人か弔問されました。

家族葬なので受付けも設けていないため、喪主が対応しなければならなくなり、お別れに水を差された感が否めません。

正直、迷惑ですので御焼香をしたい場合には、後日改めて喪服を着て訪問した方が良いでしょう。

香典

家族葬での香典は、喪主側が「香典辞退」としていなければ、用意しても問題ないでしょう。

親族以外の参列しない方は、後日弔問したさいに香典も渡すと良いです。

また、香典辞退かわからない場合は、必ず持参するようにしましょう。

万が一辞退だった場合には、喪主からいらない旨を伝えてくれますので。

備えあれば患いなしですね!

家族葬の流れ

家族葬の流れは一般葬と変わらないので、順に説明します。

※一般的な流れですので、葬儀会社や地域よって違います

 

①自宅またはセレモニーホールに安置

基本的には自宅へ帰りますが、年々増えてきているのがホール安置で、自宅から近いセレモニーホールへ直接安置することもあります。

自宅・ホールへと安置後、お焼香の準備と故人の保全の為にお体にドライアイスをあてます。

お焼香の準備のことを枕飾りといいますが、これは宗派によって飾り付けが変わってきます(特に浄土真宗)。なので菩提寺の宗派は前もって知っておくと良いかもしれませんね。

 

②菩提寺(お墓のある寺)に連絡

 ○○(住所)の○○(名前)ですが○○(故人)が亡くなりましたと住職に伝える

 

死亡届の記入

火葬の予約をするのに死亡届が必要で、慣れていないと少し難しいので葬儀会社の人に説明してもらいながら記入する。

役場への火葬手続きは葬儀会社が代行します。

 

④打ち合わせ

日程、祭壇、料理などすべて打ち合わせ。

 

⑤湯灌(ゆかん)

故人の最後のお風呂「湯灌」をする。(私の会社の場合)

通常お通夜より前に自宅やホールに専用の車がきて行い、この時に遺族の着せたい服に着替えをします。

 

⑥納棺

自宅またはホールにて納棺、ほとんどの場合お通夜当日に行います。

 

⑦お通夜

通常午後六時よりお通夜。

 

⑦告別式・火葬

地域にもよるが一般的には告別式をしてから火葬を行う。

 

⑧初七日法要

命日も含めての七日目にする法要ですが、最近では葬式の日にそのまま執り行うケースも増えています。

 

以上が一般的な流れですが、家族葬ではこの順番をずらしたりできるところもあり、それも家族葬の魅力の一つかもしれません。

例)告別式の前に火葬など

おわりに

「最期は故人とゆっくり過ごしたい」

「経済的な負担を減らしたい」

家族葬というのは時代ニーズ合ったお葬式の形です。

ただ、費用面や親戚関係に注意点があるので、しっかりと考える必要があります。

一般葬にしろ、家族葬にしろ、故人の事を一番に考えて頂きたいです。

また、いざという時に慌てないためにも、事前相談というのがあります。

少しでも不安がある方は、無料で相談できるのでいかがでしょうか?

事前相談はこちら※電話でも可能

事前相談・見積り 

 

いい葬儀

スポンサーリンク

-葬儀・葬式関連
-, ,

Copyright© 送り人と億り人 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.