国産仮想通貨

OCTCoin(オクトコイン)

更新日:

国産仮想通貨OCTCoin(オクトコイン)とは?

OCTCoinとはデジタルトランスフォーメーションを掲げ、それらの歪みの解決・緩和を目指す暗号通貨です。

最新技術や暗号通貨をうまく融合することで新たな価値を創造し、私たちの暮らしやビジネスをより良く変革させることを目標としています。

O: oath(誓い)、optimal(最良、最適)、opportunity(機会)
C: career(経歴、職業)、change(変化)、chance(好機)
T: technology(技術)、transformation(変形)、tool(道具)

デジタル・トランスフォーメーションとは?

2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱したとされています。

企業にとってのデジタル・トランスフォーメーション(Digital transformation)を簡単に言うと「アナログからデジタルへの変革」です。

クラウドや AI、IoT など様々な技術進歩により、本来は大幅に効率化できることが、これまでの習慣・風習・企業文化が変えられず、その進化に現実がついてきていないのです。

人手不足が叫ばれている現在、賃金も上がらず雇用主と働き手の要求は広がるばかりで、企業のデジタル・トランスフォーメーションが求められています。

今後のOCTCoinの使われ方

OCTCoin は、現代社会の無駄な仕組みの改善や新たなツールの提供を行うことで、流動性と価値を高め、関わる全ての人に利益をもたらす仕組みを提供します。

1企業からの資金流入 

2016 年における日本の総広告費は 約6 兆 2880 億円。まずは、その一部を仕組みを改善することで OCTCoin に呼び込む。

2求人サイト の立ち上げ

企業は取引所から OCTCoin を購入し、それを利用して求人サイトへ掲載を行う。

サイト利用者の就職・アルバイト・パート等採用が確定し、一定期間その仕事に従事する事でサイトを利用した就労者に OCTCoin が支払われる仕組み。

企業は無駄な広告宣伝費を削減できるとともに最低限の期間、離職を防ぐ効果が期待できる。

3アフィリエイト求人 

[企業]  無駄な費用をかけず多くの人の目に触れさせることができる。

[報酬が欲しい人]  求人情報に対しアフィリエイトURL が発行される。

[就労者]  その URL から訪れることが条件で通常配布される OCTCoin とは別に追加の OCTCoin を得る事ができる。

そうすることで 3 者ともにメリットを享受することが可能な仕組み。

4イベント利用

国内の屋外宣伝広告費は 2016 年データによると 3194 億円規模。

イベント時にポイントのように配布することで集客。

現在エアドロップでの集客が多く、OCTCoin が現実社会でのイベント集客のあり方自体を変える。

スマートフォン対応/独自ウォレット

独自ウォレット・スマホアプリの開発

タコ壷ウォレット(仮称)TTWを開発予定

TTW概要

・ウォレット機能

仮想通貨の送信・受信・保管・セキュリティ設定を行う事ができ、ETHトークンのメジャーな銘柄はトークン契約アドレス・トークンシンボル・桁数が自動的に登録される。

また要望が少ないトークンに関しても、自身で必要事項を入力することで該当のトークンをウォレット管理することが可能になる。

スマホの指紋認証や Google Authenticator、秘密の質問などでセキュリティの強化が可能。

アカウント登録時には QRコード・パスフレーズ等が発行され、それらを保管することでスマートフォンの切り替え・紛失時に再度ウォレットを復元する事ができる。

さらに心配な方に対しては KYC(本人確認) を別途行うことで、それらを紛失した場合でも運営サイトに連絡することで復元する機能も予定。

エアドロップ機能

・配布者と受信者の機能を提供。

キーワード入力または QR コード読み込み等の行為をする事で受信者がエアドロップを受けられる機能を有する。

・配布者は2 パターンでのエアドロップの登録をすることが可能。

①配布する総枚数を設定。参加者の人数に応じて自動的に配布。

②1 人あたりの配布枚数を設定。参加者に設定枚数が自動的に配布。

・キーワード

配布者は、キーワードを渡す場所を自身で決める事ができるため、集客や必ず見てほしい動画の参照数アップ等に活か
すことができます。

例)動画の最後 ・誘導したいサイト内 ・実際に集まってほしい場所 など

トークンセール機能

・仮想通貨取引所に未上場のトークンを売買する機能

[販売者]はトークンセールの条件(WP、価格、期間など)を登録し、詐欺的な ICO を防ぐ方法として ICO をポイントでレベル分けする機能を設ける。

①販売者の KYC や会社登録等を必須とする。

②TTW で用意されるウォレットに ICO の購入資金が一時的に保管さ、該当の銘柄が上場したタイミングで集められた資金が販売者のウォレットに送付される。

この機能により少なくとも上場すらしようとしない ICO 詐欺を未然に防ぐことが可能。

[購入者]は TTW を介して、トークンセールの中からトークンを購入する事ができ、この際に ICO ポイントレベルを見て参加するかどうかを判断する材料にする事ができる。

参加する際は KYC を行い必要な費用を仮想通貨で支払う事で自動的にトークンが送付され自身のウォレットに保管される。

・TTW を通して販売されたトークンセールの合計利益の X%はTTW アプリに支払れ、支払われた金額は以下の割合/用途にて利用されます。

・20% OCTCoin を取引所から購入し、バーン
・20% 孤児院、児童養護施設、動物愛護団体等への寄付
・20% OCTCoin を取引所から購入し、TTW 利用者のウォレットへ配布 (OCTCoin の保有枚数に準ずる。)
・40% 開発/保守費用

TTW を使用する人が増えることで、配布用 OCTCoin の購入やバーンする機会が増え、そうすることで OCTCoin の価値はさらに上昇。

TTW は発行枚数の中で OCTCoin が増える仕組みであるため、OCTCoinの直接的な価値の低下は起こらない。

また、この仕組みを実装することでOCTCoin を長期で保有する人増え、大きな下落することを防ぐことができる。

OCTCoin基本情報

トークン規格ERC223(ERC20 にも準拠)
トークン名OCTCOIN
シンボルOCTC
桁数(Decimals) 6
コントラクトアドレス0xbc90c835f2bc5255078cefc2a9c37cde0db2cae5

おわりに

現在、日本では人手不足が深刻な状態です。

人口の減少が年々進んでいることから、「人手不足倒産」もこの先増加すると考えらています。

私の会社も人手不足で、いつもギリギリの人数で仕事を回している為、一人でも休むともう大変です。

やはりデジタル・トランスフォーメーションは全く進んでおらず、とにかくアナログなんですよ。

なにしろ効率が悪い。

・ペーパーレスの時代に紙を大量に使っている。

・一部の機能しか使えないような相当古いパソコン。

・書類の提出が全部手書き。

などなど。

企業文化や風習が根強くなかなか改善されません。

時代が変われば、企業もやり方を柔軟に変えていかないと、この先生き残っていくことはできないでしょう。

いかにデジタル・トランスフォーメーションが大事ということですね。

 

OCTCoinのウォレット機能はとても興味深いです。

エアドロップが盛んに行われている現在、一番主流であるETHトークンを保管できることは魅力的ですし、尚且つメジャーなETHトークンは自動で登録しくれるのは便利ですよね。

また KYC(本人確認)をしていれば紛失しても復元できるのも良いです!

セキュリティ面がしっかりしていれば是非使いたいウォレット(^^)/

これからのOCTCoinが楽しみです♪

 

 

 

 

 

 

 

アドセンス広告

アドセンス広告

ブロックチェーン

ブロックチェーン大学FLOC

zaif

Ledger Nano S

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

TREZOR

TREZOR紹介用URL 480×100

仮想通貨ウォレットアプリGinco

楽天

GMO

エックスサーバー

ロリポップ

家族葬のファミーユ

-国産仮想通貨
-

Copyright© 送り人が億り人を目指す仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.