仮想通貨ウォレット

ハードウェアウォレット 

更新日:

みなさん仮想通貨を購入した取引所にそのまま預けていませんか?危険です!コインチェックの事件も記憶に新しいと思いますが、いつあなたの資産が0になってもおかしくはありません(;一_一)そこで今回はハードウェアウォレットでの仮想通貨の管理の方法を紹介したいと思います。

 

 ハードウェアウォレットとは

 

ハードウェアウォレットを簡単に説明すると自分自身の手元に仮想通貨を置いておくイメージです。

厳密にはハードウェアウォレットに直接仮想通貨が保管されているわけではなく「秘密鍵」と呼ばれているものをハードウェアウォレットが管理しています。

秘密鍵というのは保有している仮想通貨のデータにアクセスする為の鍵です。この鍵がなければ、たとえハッカーが仮想通貨を盗もうとしても、持ち出すことができません。

これは事実上、仮想通貨をネットワークから切断された状態で保管するのと同じです。現状では最もセキュリティの高い仮想通貨の保管方法と言われています。

 

おすすめハードウェアウォレットその1

 

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

  Ledger Nano Sは多くの仮想通貨やトークンに対応していて現在最も有名なハードウェアウォレットの一つです。

 リップルには対応していますがネムには対応していませんので注意してください。

・対応通貨

 

BITCOINETHEREUMLITECOINFIDO U2FDOGECOIN
ZCASHDASHSTRATISRIPPLEHELLO
BITCOIN CASHPOSWETHEREUM CLASSICKOMODOARK
EXPANSEUBIQPIVXVERTCOINVIACOIN
NEOSTEALTHCOINSTELLARHCASHDIGIBYTE
QTUMPEERCOINWOLEETZENCASHBITCOIN GOLD

 

おすすめハードウェアウォレットその2

TREZOR紹介用URL 300×250

TREZOR(トレザー)

 TREZORは複数のアカウントを作成できてネムに対応している事が特徴のハードウェアウォレットです。

 リップルには対応していません。

 現在14種類の仮想通貨やトークンに対応しています。(2018・6・22現在)

・対応通貨

BITCOINLITECOINDASH
ZCASHBITCOIN CASHBITCOIN GOLD
ETHEREUM (全てのERC‐20トークン)ETHEREUM CLASSICEXPANSE
UBIQNEMNAMECOIN
DOGECOINBITCOIN TESTNET

 

ハードウェアウォレットはAmazonで買うな?

普段Amazonやメルカリ・ヤフオクなどで商品を購入している方も多いと思いますが、ハードウェアウォレットは絶対に購入しないほうが良いでしょう。

AmazonではAmazonが販売している物だけではなく個人の業者もAmazonで販売しているので危険です。

予めハードウェアウォレットに細工をされている可能性があります、実際に海外では被害者も出ているようです!

多少面倒でも正規店から購入しましょう。

海外サイトだと不安な方のために日本の正規代理店を載せておきます。

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

 

TREZOR紹介用URL 300×250

 

自分の資産は自分で守りましょう!ではまた(*^-^*)

bitFlyer(ビットフライヤー)取引所の登録・口座開設方法

Zaif(ザイフ)取引所の登録・口座開設方法

アドセンス広告

アドセンス広告

ブロックチェーン

ブロックチェーン大学FLOC

zaif

Ledger Nano S

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

TREZOR

TREZOR紹介用URL 480×100

仮想通貨ウォレットアプリGinco

楽天

GMO

エックスサーバー

ロリポップ

家族葬のファミーユ

-仮想通貨ウォレット
-

Copyright© 送り人が億り人を目指す仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.